リハビリトレーニングについて

 原因となっているTCHを治すだけでも顎関節症は軽くなり,時間が経過すれば他のことはしなくても,顎関節症が治る可能性はあります.しかしそれに合わせてリハビリトレーニングも行うと,治るまでの時間をぐっと短くすることができます.このリハビリトレーニングは専門医にやってもらうこともできますが,自分自身で行うことも可能です.むしろ自分自身で行う方が効果が大きいでしょう.

 簡単に言うと「痛くてもがまんして口を開ける」ことを繰り返します.ご自分の両手の指を上下前歯にかけ,無理矢理口を開けます.初めのうちはつらいですから,強い力でなくとも結構ですが,慣れてきたなら強い力で口を押し開けます.最後はそのようにしても痛みを出せなくなります.そうなったならリハビリトレーニングは終了ということになります.